Blog

2021/06/08 15:32



「イヤリングは金具が目立つし痛くなるから苦手。でもピアス穴を開けるのは怖い…」
そんな店主が愛用しているの樹脂製のノンホールピアス、使い始めて5年ほど経ちます。

樹脂製ノンホールピアスを使っていて良く受ける質問が「落ちない?」「痛くない?」です。
痛い&落とすが嫌でピアス穴を空ける人もいるくらいなので、イヤリングを着ける人の2大悩みですね。

樹脂製ノンホールピアスを愛用中の私が感じるメリットデメリットをまとめました。

ノンホールピアスとは


ノンは否・非、ホールは穴。
耳に穴を開けずにつけることができるピアス、ようはイヤリングのことです。
一般的なネジバネ式イヤリングに比べて、留め具が小さく見た目がすっきりしています。
樹脂製ノンホールピアスは、耳に当たる(肌に触れる)部分が樹脂でできています。


樹脂製ノンホールピアスのメリット


●お肌が弱い方も安心
耳に当たる(肌に触れる)部分が樹脂素材なので、お肌が弱い方も安心してお使いいただけます。
金属アレルギーでイヤリング(ピアス)をあきらめていた方は、樹脂製ノンホールピアスをお試しください。

●ピアスのように見た目すっきり
留め具が小さく樹脂素材のため、金具が目立ちにくいです。
着けているのがノンホールピアスだと分かると、「ピアスだと思ってた」と言われることが多いです。

●落ちにくい
留め具が小さいので、落とさないか不安に感じる方も多いようです。
私の着用感ですがネジバネ式イヤリングに比べて落ちにくく、マスクをしていても落としたことはありません。
*耳の形により個人差があります。

●痛くなりにくい
ノンホールピアスは痛くなりにくいです。
ネジバネ式イヤリングを着けるのは外出時のみでしたが、樹脂製ノンホールピアスは痛くならないので終日着けています。
*耳の形により個人差があります。


樹脂製ノンホールピアのデメリット


●向かないデザインがある
メリットでイヤリングよりも落ちにくいと書きましたが、重い&大きい&揺れる物は落ちます。
prunelleではノンホールピアス(樹脂)に向かないデザインは、ネジバネ式イヤリング・イヤークリップでご案内しております。

●耳たぶが厚い人には向かない
ノンホールピアスは耳たぶが薄め~普通の方向けです。
福耳さんタイプは痛くなったり樹脂部分が割れることもありますので、ネジバネ式イヤリング・イヤークリップをおすすめします。

●経年劣化する
経年劣化により、樹脂がのびて挟む力が弱まってくる場合があります。
*prunelleでご購入いただいたノンホールピアスは、アフターケアにて金具の交換を承っております。


樹脂製ノンホールピアを扱う時の注意点


樹脂素材は金属よりも戻る力やバネ性が弱いので、極度に開き過ぎると戻りにくくなります。
また、無理な力を加えたり着脱時に強く引っ張ってしまうと破損の原因になりますので、ご注意ください。


樹脂製ノンホールピアの着け方


①耳たぶを引っ張りながら耳たぶのうすい所に差し込みます。

②お好みの位置までスライドさせてください。


樹脂製ノンホールピアの外し方


ノンホールピアスの金具部分をつまんで引っ張ってください。

パーツ部分をつまんで引っ張ると破損の原因になりますので、ご注意ください。

prunelle|上品な大人アクセサリー

メールマガジンを受け取る